婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪メリットガイドトップ > 婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪

最近は挙式のみで済ませるカップルも増えてきました。

しかし、昔からの慣習として、結婚することが決まった場合、まず、その準備として両家が挨拶をしてその後結納が行われます。

この結納の際に、婚約の印として送るのが婚約指輪です。

通常、男性が婚約の記念として女性に送ることになる指輪でエンゲージリングとも呼ばれる指輪です。

よく、昔から男性は、お給料の3カ月分程度の指輪を送るべきというようなことが言われてきましたが、この婚約指輪の相場を指した言葉です。

よく、スポーツ選手や、芸能人などの結婚会見などで、指輪を見せている場面がありますが、この指輪がこの婚約指輪ということになります。

この婚約指輪は、やはりダイヤモンドの石などが付いているものが人気ですが、必ずしもダイヤモンドと決まっているわけではありません。

自分の誕生石にこだわる人やオリジナルなデザインで作ってもらうなど、それぞれの好みで選ぶ指輪です。
結納や披露宴はしなくても、やはり「婚約指輪は欲しい」と言われる事が多いようです。
【挙式だけで済ませるカップルのためのサイト
>>挙式のみで披露宴をしない結婚式のお手本 | 人気の結婚指輪・婚約指輪ランキング

これに対して結婚指輪というものもあります。

これは言葉はよく似ていて間違えやすいのですが、夫婦となる男女で結婚の証としてペアがつける指輪のことです。

日常に左手の薬指に男女問わずに既婚者がつけている指輪のことで、その多くは比較的シンプルな装飾のない指輪であることが多いです。

この結婚指輪はペアでつけるということで、同時にペアで2本の指輪を購入することになります。

オススメサイト内記事

更新!

オススメサイト外記事